忍者ブログ
PC初期のアドベンチャーゲーム解答+画像集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

"ダイヤモンドアドベンチャー"
1982年マイクロキャビン


DIATI.png


とても簡単な初期のAVG
仕掛け・アイテム数・長さ、どの点でも入門用にピッタリだ

オリジナルはPC-6001で、今回の攻略はX1版。
早くもPCGを使っており、"WORRY"のルーツはこれにあるのではないかと思う。(実際X1では"ミステリーハウス"が出ていない)
要所で音楽が鳴るアイデアも既に取り入れられている。
それと三文字の短縮単語入力可能だ。
「HELP」コマンドで使用単語も見られる。

このブログで攻略しているAVGの中でも難易度は最も低い部類に属する。
但し例によって一部アイテム配置と金庫ナンバーはランダムだ。
本棚で「TAKE → BOOK」すると(2-3)段目の(1-5)冊目の本を選ばされる。
ここでは隠し通路と最後の金庫のナンバーが見付かる。
ヒントはないので毎回10通り全て試すしかない。
「pen」はダミーアイテムなので取らなくていい。
マップもつけてみたが迷う人はいないだろう。
死亡パターンは4つある。
 ・2Fのドアを開けて通報される
 ・3Fの外階段を使って転んで死ぬ
 ・テレビを点けると音が大きくて通報される
 ・金庫の番号を間違える

最後に、「LOOK」は「SEARCH」の完全下位性能なので使う必要はない。


■使用単語■
FORWARD BACK LEFT RIGHT UP DOWN ON OFF
SEARCH TAKE LOOK UNLOCK USE OPEN MOVE LIGHT

DOOR MAT SHELF TELEVISION TABLE
VASE CHAIR BOOK PICTURE SAFE

DIA11.png       DIAMAP.png        DIA10.png



【攻略チャート】

スタート地点 FORWARD
DIA01.png 1F階段 UP
DIA02.png 2F階段 UP
DIA03.png 3F階段 MOVE → MAT
TAKE → KEY
USE → KEY
OPEN → DOOR
FORWARD
DIA04.png 3F北西部屋 SEARCH → VASE
SEARCH → TABLE
OPEN → SHELF
SEARCH → SHELF
RIGHT

※見付け次第
TAKE → KEY
TAKE → CANDLE
TAKE → MATCH
DIA05.png 3F北西部屋 SEARCH → CHAIR
OPEN → DOOR
FORWARD
DIA06.png 3F北東部屋 SEARCH → TABLE
SEARCH → TELEVISION
MOVE → PICTURE
USE → KEY
OPEN → SAFE
TAKE → KEY
RIGHT
DIA07.png 3F北東部屋 SEARCH → CHAIR
TAKE → BOOK
(ナンダンメ) 毎回異なる
(ナンサツメ) 毎回異なる
※隠し通路と5桁の数字、2つを見付けること


FORWARD
DIA08.png 3F南東部屋 LIGHT → CANDLE
USE → KEY
OPEN → SHELF
UP
DIA09.png 4F隠し部屋 OPEN → SAFE
(バンゴウハ?) 本棚で見た数字
DOWN
3F南東部屋 FORWARD
3F北東部屋 RIGHT
OPEN → DOOR
FORWARD
3F北西部屋 BACK
OPEN → DOOR
FORWARD
3F階段 DOWN
2F階段 DOWN
1F階段 BACK

-END-

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
- HOME -
メインメニュー
サイト内検索
大文字と小文字を区別します
プロフィール
HN:
カンナビス
自己紹介:
ミステリーハウス(マイクロキャビン)、デゼニランド(ハドソンソフト)、忍者屋敷(X'TAL SOFT)
そんなハウス物で育った人
このサイトについて
1982年~1987年辺りに発売された、パソコン用AVGの解答+画像集サイトです。
趣味によりコマンド入力式がメインです。
完全解答を載せておりますので閲覧の際はご注意下さい。

画像はクリックすると拡大します。
『あの頃遊んだあのゲーム』
『雑誌で見て欲しかったあのゲーム』
是非眺めて当時の思いと共に懐かしんで下さい。

尚リンク切れの画像はありません。
表示されない場合は再度読み込んで下さい。
忍者ブログ [PR]