忍者ブログ
PC初期のアドベンチャーゲーム解答+画像集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

"悪女かまきり"
1983年CSK


AKJTI.gif


動詞+名詞という形式ではなく、キーワード入力のみで進めていける
しかし侮るなかれ、ほぼ全ての場面でコマンド回数制限がある

1983年に公開された同名映画のゲーム化作品。
成人していなかったのでさすがに観たことはないのだがゲームから判断するに"氷の微笑"を思い浮かべればいいか。
背景を確認するために検索したら音楽が菊池俊輔先生らしい。
私が敬愛してやまない渡辺宙明先生と同じくらいお世話になった劇伴作曲家だ。
脚本は幻魔大戦を手掛けた…うーん幻魔大戦か、あのゲームのせいであまりいい印象はない。
逆に言えば関わった映画が変なゲーム化ばかりされるツイてない人ということか。
本作はキワモノではあるが、タイトルでポリゴンモデルみたいな五月みどりが口パクのアニメーションをするという中々凝った演出がある。
またコマンド入力が単語のみで良いので楽が出来る。
しかし大抵の場面で3回のコマンド回数制限があり、ゲームオーバーになりやすい。
それ以外の失敗によるゲームオーバーもパターンが数種類があり面白い。
ただしかなり細かいところまで描いているせいか、描画が恐ろしく遅い。

ゲームは短いのだが、大きく3部に分かれた構成になっている。
海原雄山から貫禄を取ったような外見の、ドウジマという男に対して保険金殺人を仕掛けるのが目的である。
どの程度の支払額で受けてくれるか、最高額は3千万円までの間でランダムになっているようだ。
ちなみにここで0円にしてもクリアに支障は無い。
一番盛り上がるのが主人公マサコと共犯のシマザキが殺害計画を打ち合わせするところであり、それなりに練ってあるプランの内容が図解入りで長々と説明されるところはドキドキする。
行き詰らないように何度か繰り返し聞いて覚えてから次に進むと、
「シマザキハ、キンチョウノアマリ、ウチアワセシタナイヨウヲ ワスレテシマイマシタ」
こいつ激烈バカ!
シリアスなテンション上がってたのに一気にギャグにされた……。
そのシマザキを操ってあなたが計画を実行して下さいというのが二章目のアドベンチャーなわけだが、何もそんな理由にしなくてもいいだろう。
まあCSKだからなと気を取り直してドウジマを感電死させると、すぐ死体がゾンビ化した!
と思ったが"ゴルゴ13"で死んだ人は色を変えて描くのと同じなのだろうきっと。
ドウジマは些細なことで全身を真っ青にして怒り狂う体質だからこんなことしなくてもそんなに長生き出来なかったような気もするが。
超人ハルクよりよっぽど怖い。

ラスト前のアクションは見た目より手強い。
警官はこちらに向かって愚直に迫ってくるので誘導するというのが難しい。
最終的には、互いの足の速さが同じことを利用したマラソンで強引に振り切る事態になることが多い。
最後の2回の選択肢は1でも2でもクリアになる。
違うのは後味だけか。


AKJ12.png       AKJPL.gif        AKJKL.gif



【計画編】

AKJ01.png ワイン
AKJ02.png クスグル
AKJ03.png ホケン
AKJ16.png 3千万円以下を入力する


【実行編】

AKJ04.png マド
AKJ05.png シメル
(ナニヲデスカ?) マド
RETURNキーを押す
AKJ06.png マサコ
任意のコマンド
キレイ
(ドコヲ ダ?) カラダ
AKJ13.png モドル


【逃亡編】

AKJ08.png タンス
AKJ09.png デンワ
AKJ10.png ニゲル
AKJ11.png アクションゲーム

主人公は青、警官は緑
右下の赤まで到達すればクリア
AKJ14.png 1
AKJ15.gif 2

-END-

拍手[7回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
- HOME -
メインメニュー
サイト内検索
大文字と小文字を区別します
プロフィール
HN:
カンナビス
自己紹介:
ミステリーハウス(マイクロキャビン)、デゼニランド(ハドソンソフト)、忍者屋敷(X'TAL SOFT)
そんなハウス物で育った人
このサイトについて
1982年~1987年辺りに発売された、パソコン用AVGの解答+画像集サイトです。
趣味によりコマンド入力式がメインです。
完全解答を載せておりますので閲覧の際はご注意下さい。

画像はクリックすると拡大します。
『あの頃遊んだあのゲーム』
『雑誌で見て欲しかったあのゲーム』
是非眺めて当時の思いと共に懐かしんで下さい。

尚リンク切れの画像はありません。
表示されない場合は再度読み込んで下さい。
忍者ブログ [PR]