忍者ブログ
PC初期のアドベンチャーゲーム解答+画像集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

"トランシルバニア"
1983年スタークラフト


TRNTI.png


マップも謎解きも小規模なのでスッキリと楽しめる
登録した名前が恐ろしげに使われる演出がうまい


"Penguin Software"のAVG処女作を移植。
出したゲームの数はそれほどでもないが佳作の多い優秀なメーカーだった。
1986年に社名を"Polarware"に変更、その後すぐに別の会社に吸収された。
何故改名しなければならなかったのか、同じペンギンの名を持つ出版社からの訴えのためで、
ここが詳しい(英語)ので興味のある人はどうぞ。
スタークラフトから同時期に移植された"ブラックプールの剣"と比べ、チャレアベで紹介された影響もあるのかこちらは知名度が段違いに高い。
ボリュームの点では半分以下だが、謎解きはよく整理されている。
この会社のゲームに目を付けたのは正解だったように思う。
シエラオンラインのゲームを専門で移植してきたのが新規開拓してきた理由として、肥大化を続けていくハイレゾアドベンチャーシリーズが手に負えなくなってきたのが一つ、同シリーズが終了して別のAVG路線に切り替えたのが一つではないだろうか。
新しいシリーズのシステムは筆者が馴染めないタイプの物だったので、スタークラフトが、旧態依然としたフロントビュー型のAVGを選んで出し続けてくれることはファンとしては嬉しいことであった。

ゲームは深夜12時から始まり、明け方5時までがタイムリミット。
70回コマンドを入力すると1時間経つので、350回の入力回数制限ということになる。
慣れない間はじっくり探索しているとタイムオーバーになってしまうこともあるが、分かってくれば十分余裕のある範囲だ。
それよりも最初の内は狼男がとても厄介で、こいつの排除が最優先。
プレイヤーの後をついてきたり先回りして待っていたり、このストーキングが本当に本当に鬱陶しい。
出遭ってしまったら即移動して逃げなければ猶予無く殺していく、奴らは氷だ砂漠の砂だ。
動きは完全なランダムではなく、初回遭遇まで幾つかのパターンが設定されていてそのテーブル通りに現れるようだ。
このパターンは機種ごとに異なるので一様に有効な手順を探るのは難しい。
後半のお邪魔キャラで、大鷲が突如プレイヤーを遠くへ連れ去ってしまうことがある。
フィールドの適当な画面に置いていかれるだけであるがこれも鬱陶しい。
またアイテムを同時に5つしか持てないという制限もあるが、総アイテム数から考えるとこの縛りは緩い方だろう。
その中でも「ニンニク」は面白い。
これを持っていると城で吸血鬼が出て来ないため一見有用であるが、倒さないことには埒が開かないので取ってはいけない。
宇宙船の場面で任意のコマンドとあるのは、空RETURNでなければ「ア」でも「イ」でも何でもいい。

リードで小規模と書いたが、画面数からのイメージである。
総コマンド数で言えば中程度のボリュームがある。
限られた範囲内をぐるぐる回らせるタイプのAVGは個人的に嫌いではない。
総画面数が少なめなので記憶に残りやすく、一つの画面に対して思案する時間が長いので、謎が解けたとき世界の全てを把握したような征服感が味わえる。
どんどん前に進めて行く通過型のAVGにはない感覚だ。
欠点は移動がやたらと多くなる、つまり攻略チャートがいたずらに長くなることか。

ところで湖のほとりにいるカエルが実はサブリナ姫なのでは?と思った人はストーリーをよく読んでいなかったか、"ウィザード&プリンセス"に影響されすぎである。
はい、私がそうです。



【攻略チャート】
TRNMAP.png
狼男が画面内にいる場合、移動可能な方向以外の入力はしないこと
TRN01.png キタ
TRN02.png ニシ
TRN03.png ノート トル
ノート ヨム
ノート オク
キタ
TRN23.png マルキゴヤ ハイル
TRN24.png ツノ ウゴカス
TRN25.png マント トル
ツノ ウゴカス
丸木小屋の中 ニシ
小屋の前 キタ
TRN04.png ニバシャ ノル
TRN05.png カンオケ アケル
ネズミ トル
ダンガン トル
ニバシャ オリル
荷馬車の傍 キタ
TRN07.png ジュウジカ トル
キタ
TRN06.png ヒガシ
TRN40.png イエ ハイル
TRN09.png ウエ
TRN08.png ピストル トル
タマ コメル
シタ

※以降、狼男と遭遇したら下記を実行
ピストル ウツ
ピストル オク
家の1F ヒガシ
家の前 ニシ
森の中 ミナミ
TRN10.png ニシ
TRN11.png キタ
TRN12.png キタ

※以降、吸血鬼と遭遇したら下記を実行
ジュウジカ ミセル
TRN13.png キタ
TRN14.png シタ
TRN15.png シタ
TRN16.png シタ
TRN17.png タカラ アケル
ユビワ トル
ウエ
カビ臭い階段 ウエ
地下室 ウエ
大広間 ミナミ
入口ホール ヒガシ
TRN18.png ハエトリガミ トル
ニシ
入口ホール ミナミ
城の前 ミナミ
城が見える ヒガシ
森の奥 ミナミ
TRN19.png コヤ ハイル
TRN20.png ネズミ オク
エンサン トル
ホウキ トル
ホウキ ノル
TRN21.png ケイジ ミル
TRN22.png シタ
湖のほとり ヒガシ
暗い森の中 ヒガシ
洞窟の近く ミナミ
切り株 エンサン カケル
モジ ヨム
キリカブ タタク
TRN26.png ハエ トル
ドア アケル
マント ミル
ナイフ トル
カギ コワス
(ナニヲ ツカッテ?) ナイフ
ナイフ オク
ドア アケル
キタ
TRN27.png クリスタル ミル
ミナミ
洞窟の中 ホン ヨム
ホン トル
切り株 キタ
洞窟の近く ニシ
暗い森の中 ミナミ
TRN28.png カエル ミル
ハエ アゲル
ヒガシ
暗い森の中 キタ
小屋の前 キタ
荷馬車の傍 ヒガシ
城が見える ヒガシ
森の奥 ヒガシ
TRN29.png IJNID
カギ トル
キタ
森の奥 キタ
森の中 ニシ
TRN32.png ハカ ウゴカス
コウシド アケル
カギ アケル
コウシド アケル
シタ
TRN33.png ミズグスリ トル
ウエ
墓地 ニシ
TRN31.png

TRN34.png
マント キル
ユビワ スル
テ フル

任意のコマンド*19

ウチュウセン ハイル
モチモノ
ハコ ミル
ヒガシ
墓地 ミナミ
荷馬車の傍 ヒガシ
城が見える キタ
城の前 キタ
入口ホール キタ
大広間 ウエ
TRN35.png ウエ
TRN36.png

TRN37.png
ツタ トル
ボタン オス
ミズグスリ フル
ミズグスリ カケル
テ タタク
シタ
2Fの部屋 シタ
大広間 ミナミ
入口ホール ミナミ
城の前 ミナミ
城が見える ニシ
荷馬車の傍 ミナミ
小屋の前 ミナミ
暗い森の中 ミナミ
湖のほとり ヨット ノル

-END-

拍手[26回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
- HOME -
メインメニュー
サイト内検索
大文字と小文字を区別します
プロフィール
HN:
カンナビス
自己紹介:
ミステリーハウス(マイクロキャビン)、デゼニランド(ハドソンソフト)、忍者屋敷(X'TAL SOFT)
そんなハウス物で育った人
このサイトについて
1982年~1987年辺りに発売された、パソコン用AVGの解答+画像集サイトです。
趣味によりコマンド入力式がメインです。
完全解答を載せておりますので閲覧の際はご注意下さい。

画像はクリックすると拡大します。
『あの頃遊んだあのゲーム』
『雑誌で見て欲しかったあのゲーム』
是非眺めて当時の思いと共に懐かしんで下さい。

尚リンク切れの画像はありません。
表示されない場合は再度読み込んで下さい。
忍者ブログ [PR]