忍者ブログ
PC初期のアドベンチャーゲーム解答+画像集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

"インターンアドベンチャー"
1984年セントラル教育


INTTI.png


謎解きがとてもシンプルなAVG
画面がキャラクターグラフィック表示なので処理が速い


セントラル教育からはあまりパッとしたゲームは出なかったのだが、"ガキ大将野球拳"というインパクトのあるゲームがある。
ジャンケンに勝ってガキ大将(勿論男)を脱がせるというタイトルそのままのゲーム内容で、ちょっとどこかイカレてるんじゃないだろうかと疑いたくなる。
そして本作も、現在ならば恐らく自粛して出さないであろう設定のゲームである。
近年とみに精神疾患に対する扱いが煩い。
面倒な世の中になったものだ。

システム面を見ると、画面右上方にある情報欄が優秀でとても分かり易い。
聞き慣れない単語が多く出て来るが、コマンドは3文字の短縮入力が出来る。
そして移動や描画が速い。
謎解きは殆ど無いと言ってよく、ハウス物の基本的なコマンドを抑えておけば詰まるところもないだろう。
アイテムにも意味の無いダミーは存在しない。(但し「cat」はトラップアイテム)
治療で薬物を投与する際に毎回違った比率を求められる。
これが暗号っぽく書かれているのが唯一の謎らしい謎だ。
ただバグなのかハメなのかわからないが、薬局にある「box」の中身は「locker」の「key」を取った後は無くなってしまうので順番を間違えるとハマってしまう。

主人公は神経科のインターンで、4人の患者を治療するのが目的だ。
診察の前に彼らのchart(カルテ)とCT、そして治療薬を探さなければならない。
そのために入院患者の病室を訪ね、花瓶を叩き壊して回る。
死体置き場で遺体袋を漁ってカルテを見付ける。
手術室に放置されていた輸血用血液を持ち去る。
誰かの使い掛けの薬を拝借する。
何かがおかしい。
しかし(幸いなことに)大きな怪我や病気とは無縁の人生であったので、病院に関する知識が殆どない。
集中治療室の玄関マット下には薬棚の鍵が置いてあるのかもしれない。
死体置き場は内科病棟の階にあるのが普通なのかもしれない。
もし一度入院をする機会があったなら、ここら辺を確かめてみようと心に決めた。
だが何と言ってもこのゲームで一番怖かったのは、包帯室にあったカルテの内容。
痴呆症の女性で症状は記憶喪失、錯乱状態、そして年齢が12歳……。
誤字だとは思うが、何か恐ろしいものに触れてしまったような気がした。



【攻略チャート】
INTMAP.png

INT01.png スタート地点 look → board
forward
INT02.png 1F right
INT03.png 薬局前 open → door
enter
INT04.png 薬局 open → box
look → vitamin.d
get → vitamin.d
back
  forward
INT07.png right
INT05.png 図書室前 open → door
enter
INT06.png 図書室 search → shelf
look → chart
get → chart
search → lamp
look → key
get → key
back
  forward
INT08.png エレベーター前 search → door
push → switch
forward
INT09.png エレベーター push → button
(1-4?) 3
3F forward
  left
INT10.png 便所前 open → door
enter
INT11.png 便所 search → shelf
look → urine
get → urine
back
  right
INT12.png X線室前 open → door
enter
INT13.png X線室 search → desk
get → paper
look → chart
get → chart
search → machine
look → key
get → key
back
  forward
  forward
INT14.png ICU前 move → mat
look → key
get → key
back
  left
INT15.png 包帯室前 open → door
enter
INT16.png 包帯室 search → desk
look → chart
get → chart
unlock → shelf
open → shelf
look → lithium
get → lithium
back
  right
INT17.png 手術室前 open → door
enter
INT18.png 手術室 search → bed
look → blood
get → blood
search → eeg
look → propranolol
get → propranolol
back
  back
  back
エレベーター push → button
(1-4?) 4
4F forward
  forward
  right
INT19.png 403号室前 open → door
enter
INT20.png 403号室 move → bed
look → vial
get → vial
back
  left
INT21.png 405号室前 open → door
enter
INT22.png 405号室 look → patient
(タスケマスカ?) y
(bloodハアリマスカ?) y
back
  forward
INT23.png 死体置き場前 unlock → door
open → door
forward
INT24.png 死体置き場 open → case
look → chart
get → chart
back
  back
  back
  back
エレベーター push → button
(1-4?) 1
1F forward
  back
  back
  left
INT25.png 緊急室前 open → door
enter
INT26.png 緊急室 search → bed
look → doll
get → doll
back
  right
薬局前 open → door
enter
薬局 unlock → locker
open → locker
look → ct
get → ct
back
  forward
  left
INT27.png 病理学室 open → door
enter
INT28.png 病理学室 search → microscope
look → ergotamine
get → ergotamine
back
  forward
エレベーター前 push → switch
forward
エレベーター push → button
(1-4?) 2
2F forward
  forward
  left
INT29.png 205号室前 open → door
enter
INT30.png 205号室 break → vase
look → memo (E○P○)
look → patient
examine
(chartヲモッテイマスカ?) y
(ctハアリマスカ?) y
treat
(vialハアリマスカ?) y
back
  right
INT31.png 203号室前 open → door
enter
INT30.png 203号室 look → patient
give → doll
examine
(chartヲモッテイマスカ?) y
(ctハアリマスカ?) y
treat
(vitamin.dヲモッテイマスカ?) y
back
  back
  left
INT32.png 202号室前 open → door
enter
INT30.png 202号室 look → patient
examine
(chartヲモッテイマスカ?) y
(ctハアリマスカ?) y
(urineハアリマスカ?) y
treat
(ergotamineハアリマスカ?) y
(propranololハモッテイマスカ?) y
(エルゴタミン?) ○ memo「E」の数字
(プロプラノロール?) ○ memo「P」の数字
back
  right
INT34.png 201号室前 open → door
enter
INT30.png 201号室 look → patient
examine
(chartヲモッテイマスカ?) y
(ctハアリマスカ?) y
treat
(lithiumハアリマスカ?) y
INT33.png おしまい

-END-

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
- HOME -
メインメニュー
サイト内検索
大文字と小文字を区別します
プロフィール
HN:
カンナビス
自己紹介:
ミステリーハウス(マイクロキャビン)、デゼニランド(ハドソンソフト)、忍者屋敷(X'TAL SOFT)
そんなハウス物で育った人
このサイトについて
1982年~1987年辺りに発売された、パソコン用AVGの解答+画像集サイトです。
趣味によりコマンド入力式がメインです。
完全解答を載せておりますので閲覧の際はご注意下さい。

画像はクリックすると拡大します。
『あの頃遊んだあのゲーム』
『雑誌で見て欲しかったあのゲーム』
是非眺めて当時の思いと共に懐かしんで下さい。

尚リンク切れの画像はありません。
表示されない場合は再度読み込んで下さい。
忍者ブログ [PR]