忍者ブログ
PC初期のアドベンチャーゲーム解答+画像集
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

"機動戦士ガンダム PART1 ~ガンダム大地に立つ!!~"
1983年ラポート


GUND1TI.png


4部構成でアドベンチャーパートとシューティングパートに分かれている
プログラムロード中にテープから主題歌が流れるのが特長だった

筆者はロボットアニメが大好きである。
なので当然ガンダムも観ていたし、映画のパンフもいまだに持っている。
当然のことながらアニソンも好きで、メカンダーロボが『地球 地球 地球を襲う 悪魔の手(マグネマン!)』とついマグネロボ ガ・キーンになってしまう。
音質は悪かったがテープからガンダムの歌が流れてくるのは嬉しかった。
なので特徴ではなく特長である。
本作をプレイして以降、他のゲームでも何かあるんじゃないかとデータレコーダーのMONITORボタンをONしてしまうようになったのは自分だけではあるまい。
ラポートは出版社で、遊撃手という辛辣なゲームレビューで有名な雑誌を出していたらしいのだが読んだことがないので中身はよく知らない。
出版社のゲームで当たりを引くことは滅多にないので(アスキー/ログイン系除く)、あまり内容に期待してはいけない。
ゲーム性は殆ど無いと言ってよく、後から思えばファンアイテムのようなものだ。
ただ正しいタイトル表記が分からずゲーム名は正確さを欠いていることをお断りしておく。

第1部と第3部はアドベンチャーパートで、5文字の単語短縮入力が可能だ。
しかしここに遊びは全く無く、「LOOK」は役に立たないしレスポンスも乏しい。
早い話が唯一の正解コマンドしか受け付けない。
探索ではなく如何にしてTVのストーリーをなぞれるか、といったところだろうか。
第2部と第4部がシューティングパートだが、2部の方はリアルタイムではない。
ただしコマンドはワンチャンスで間違えれば即死。
4部のシューティングは敵が攻撃して来ないので失敗することは稀だろう。
シャアザクの方が少し動きが速いという説明だが所詮8bitマシン上で動かしている哀しさ、実際大差ないので狙うのはどちらでもいい。
CPUのクロックの差が戦力の決定的な差です、少佐。



【第1部】
GUND1MAP.png

GUND101.png S
GUND102.png S
GUND103.png W
GUND104.png S
GUND105.png E
GUND106.png E
GUND107.png GET MANUAL
S
GUND108.png S
GUND109.png S
GUND110.png S
GUND111.png

GUND112.png
HIT FRAU
S
GUND113.png ENTER GUNDAM
GUND114.png READ MANUAL


【第2部】

GUND115.png R
GUND116.png B
S
GUND117.png R
GUND118.png Z
GUND119.png 後半へ


【第3部】

GUND120.png U
GUND121.png 任意のコマンド
GUARD FRAU
GUND122.png CARRY GUNCANNON
CARRY GUNTANK
W
GUND123.png GET BEAMRIFLE
GET NAPARME
D
GUND124.png SHOOT ENEMY
GUND125.png CATCH SAYLA
GUND126.png PUT NAPARME
GUND127.png SHOOT NAPARME
GUND128.png PUT SAYLA
U
GUND129.png N
GUND130.png SHOOT MISSILE
GUND131.png SHOOT MISSILE*2


【第4部】

GUND132.png シューティングゲーム

テンキー(FMはカーソルキー)で操作し、スペースでビーム発射
GUND134.png どちらでも良いので一発当てればクリア
15発撃つと弾切れでゲームオーバー
敵は攻撃して来ない
GUND138.png 次回作へ続く

-END-

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
- HOME -
メインメニュー
サイト内検索
大文字と小文字を区別します
プロフィール
HN:
カンナビス
自己紹介:
ミステリーハウス(マイクロキャビン)、デゼニランド(ハドソンソフト)、忍者屋敷(X'TAL SOFT)
そんなハウス物で育った人
このサイトについて
1982年~1987年辺りに発売された、パソコン用AVGの解答+画像集サイトです。
趣味によりコマンド入力式がメインです。
完全解答を載せておりますので閲覧の際はご注意下さい。

画像はクリックすると拡大します。
『あの頃遊んだあのゲーム』
『雑誌で見て欲しかったあのゲーム』
是非眺めて当時の思いと共に懐かしんで下さい。

尚リンク切れの画像はありません。
表示されない場合は再度読み込んで下さい。
忍者ブログ [PR]